企業向け研修


職業訓練

共催・協賛の企業一覧

会 社 概 要

人材派遣

講師募集

パートナー企業募集

過去開催

2014年 企業様向けセミナー過去開催一覧

これからの時代に求められる真のリーダーシップとは!

「はじめてリーダーになる君へ」の著書 浅井浩一氏セミナー

これからの時代に求められる真のリーダーシップとは!

 

日  程 平成27年2月27日(金) 午後1時30分~午後4時30分
会  場 大宮ソニックシティ 902会議室 ※公共交通機関をご利用下さい
受講料 6000円(税込)
定員 各回限定30名(先着順)
講 師 (あさ) ()  (こう) (いち)  氏 一般社団法人 日本マネジメントケアリスト協会 理事長一般社団法人 経営研究所 浅井浩一元気塾 塾長

公益財団法人 日本生産性本部 経営アカデミー 組織変革&リーダーシップコース指導

申込締切 平成27年2月20日(金)
申込方法 申込書にてFAXにてお申込みください。【FAX】0480-21-3685※先着順になります。定員になり次第、締め切らせていただきます。
主催 五大工業株式会社 企業研修事業部
   
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社 久喜市河原井町19番地  TEL0480-21-3811 FAX0480-21-3685
講演内容 1.関係性の質  長期的・継続的に好業績を叩き出す土台作り=信頼関係の構築。バラバラだった社員を一枚岩にし、上司と部下・社員同士の信頼関係日本一と言われる関係性をいかに築いたか。2.思考の質

  使命を喪失し暴走する組織を、いかに使命感をもった組織に変貌させたか。

3.行動の質
  スローガンにとどまらず、誰一人として落ちこぼれをつくらない行動の質をいかに整え高めたか。

  R(業績をたたき出せない要因把握)⇒P(目標面談の在り方)⇒C(期中の進捗確認&ケアの方法・仕組み)

4.人の成長に立ちはだかる最大の壁と言われる「固定観念」を払拭し、山のごとく動かなかった組織を、チャレンジグな行動に

駆り立て、日本一の組織力に飛躍的に高めたものとは?

5.41歳からJTの経営幹部を勤めながら、ビジネススクールで1万人以上のリーダーを指導した具体策に基づく質疑応答。

即、職場で使える実践的なシートをお持ち帰りいただけます。

 

※セミナー終了後、懇親会があります(参加希望者の方)

「どうする!?我が社の女性活躍」ワークショップ

女性の管理職登用や職域の拡大、働き方の見直しのための取組が、企業の利益につながることが実証されてきています。

このワークショップは、女性活躍推進に関するそれぞれのテーマについて、ワールドカフェ&OST(オープン・スペース・テクノロジー)形式で参加者同士が自由に意見交換できる場です。

他社の女性活躍推進リーダーと率直な意見交換をし、新たな視点や発見を得ることにより、自社の女性活躍推進の加速に繋がります。県内企業の経営者、管理職の皆様、ぜひご参加ください!

日  程 平成26年11月19日(水)、平成27年1月26日(月) (各回 午後1時15分~午後4時)
会  場 大宮ソニックシティ ※公共交通機関をご利用下さい
受講料 無料
定員 各回限定50名(先着順)
ファシリテーター

i-project代表

株式会社フリー・エージェント・ネットワーク

  取締役 大西 素子

株式会社フリー・エージェント・ネットワーク

  取締役 中村 香織

申込締切 各ワークショップ日の7日前までにお申し込み下さい。
申込方法 申込書にてFAXにてお申込みください。【FAX】048・662・6610※先着順になります。定員になり次第、締め切らせていただきます。
主催 埼玉県ウーマノミクス課
後援 埼玉県商工会議所連合会、埼玉県商工会連合会、埼玉県中小企業団体中央会、埼玉県経営者協会、埼玉経済同友会、埼玉中小企業家同友会、埼玉県産業振興公社
企画・運営 埼玉新聞社・五大工業株式会社 
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社 幸手オフィス
幸手市東4-5-4関口ビル
TEL0480-40-3221 FAX0480-40-3228
内容 詳しくはコチラから↓埼玉新聞社申し込みサイト:http://www.saitama-np.co.jp/kijikokoku/womenseminor/平成26年11月19日(水) 【第2回】「今求められる、男性管理職の意識改革とは」
平成27年1月26日(月)  【第3回】「女性が活躍しやすい制度(産休・時短勤務)、施策作りとは」
平成26年11月27日(木)開催 「シニア人材活用事例セミナー」

 

現場でお会いした非常に力を持っておられるシニア世代の方々が、年下の上司とのコミュニケーションで苦労したり、自分が組織において果たすべき役割が見えなくなったりされています。シニアの方の強みを本人、上司、組織が認識し、その強みいかす場を職場につくることができているでしょうか?現場改革をする時、シニア人材の経験を生かすか、無視するか・・成功の分かれ目でした。

製造、開発の現場では特にシニア層の役割が重要です。人材育成活動、組織での役割設計、シニアの方を戦力化するための人材開発の実践事例をご紹介します。

 

日  程 平成2611月27(木) 14:001630
会  場 川越商工会議所 2階大会議室
受講料 無料
定員 50名
講師 大西 徹 (株)ジェムコ・コーオペレーションズ((株)ジェムコ日本経営グループ会社)取締役 知識科学研究所 所長

産経新聞社、産能大学スタッフを経て、平成元年1月に ()ジェムコ日本経営入社。製造業を中心に200社の改善プロジェクトにて現場改革に関わる。2006年より、人材育成のプログラム開発責任者として従事。ゆとり世代へのマネジメント、シニア世代の高度活用、技能伝承のための教える力、学ぶ力の教育、仕組みづくりなどを実施。特に心理学、行動科学を融合し、「カベ」を超える独自のコーチングに定評あり。51回能率大会で全連賞受賞。共著に「イノベーションマーケティング」(福村出版)

 

申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください
主催 川越商工会議所 企業支援課
共催 五大工業株式会社
申込
問い合わせ先
川越商工会議所 企業支援課
TEL049-229-1860 FAX049-225-2101

http://www.kawagoe.or.jp/

カリキュラム 1 65歳定年制時代のシニア人材の課題

1)モチベーションが低下している方々

2)年上の部下への上司の対応

3)若手のコミュニケーションギャップ

4)役割が設定できない現場

5)人材アセットとしての人材開発の方針の各社の迷い

 2 シニアは銀の卵~第2のスタートへ

1)役職定年者と組織とのマッチング例

2)シニア社員こそ、大志をいだく

3)自分を見つめなすための場づくり

4)銀の卵、シニア社員の高度活用例

平成26年11月26日(水)開催 暗黙知を洗い出す「ナレッジ・エンジニアリング」教育のすすめ

ベテランが手順書、技術標準を作成しても、若手社員が理解するためのポイントが抜けており、活用されない書類になってはいないでしょうか?
弊社の技術、技能伝承への取り組みへのご支援内容が、日経ものづくり4月号にて紹介されました。埼玉県に本社のある製造業の事例もあります。
ベテランの暗黙知を引き出すための能力を企業の特性に合わせてスキルスタンダード化し、聞き出す力を中堅、若手社員に育成するための教育カリキュラムを企業様と共同開発しています。ものづくり現場にてどうすれば、信頼性解析を高め、ダントツ品質を実現するか?そのための弊社の最新の取り組み事例から、暗黙知を洗い出す若手社員づくりの教育の仕組みをご紹介します。

日  程 平成2611月26(水) 14:001630
会  場 豊野コミュニティセンター2F
受講料 会員:無料
定員 20名(申し込み先着順)
講師 大西 徹 (株)ジェムコ・コーオペレーションズ((株)ジェムコ日本経営グループ会社)取締役 知識科学研究所 所長

産経新聞社、産能大学スタッフを経て、平成元年1月に ()ジェムコ日本経営入社。製造業を中心に200社の改善プロジェクトにて現場改革に関わる。2006年より、人材育成のプログラム開発責任者として従事。ゆとり世代へのマネジメント、シニア世代の高度活用、技能伝承のための教える力、学ぶ力の教育、仕組みづくりなどを実施。特に心理学、行動科学を融合し、「カベ」を超える独自のコーチングに定評あり。51回能率大会で全連賞受賞。共著に「イノベーションマーケティング」(福村出版)

申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください。
主催 五大工業株式会社 幸手オフィス 
後援 加須・大利根工業団地協議会

豊野台テクノタウン工業団地協議会

申込
問い合わせ先
五大工業株式会社 幸手オフィス
(TEL)0480-40-3221 (FAX)0480-40-3228
カリキュラム 1.なぜ技術、技能の伝承ができないか

1)技術、技能は言葉で説明できない

2)短期記憶から長期記憶に変わる

3)本当の重要なコツが省略されてしまう手順書、技術標準書

4) 暗黙知整理の教育の不足 

2 技術、技能の伝承の仕組み

1)暗黙知(長期記憶)の引き出し方2

)暗黙知を鵜呑みにせず再評価

3)業務プロセスの仮説立案力育成

4)スマートデバイスの活用による技能伝承の活動の進化

 

平成26年11月14日(金)開催 暗黙知を洗い出す「ナレッジ・エンジニアリング」教育のすすめ

ベテランが手順書、技術標準を作成しても、若手社員が理解するためのポイントが抜けており、活用されない書類になってはいないでしょうか?
弊社の技術、技能伝承への取り組みへのご支援内容が、日経ものづくり4月号にて紹介されました。埼玉県に本社のある製造業の事例もあります。
ベテランの暗黙知を引き出すための能力を企業の特性に合わせてスキルスタンダード化し、聞き出す力を中堅、若手社員に育成するための教育カリキュラムを企業様と共同開発しています。ものづくり現場にてどうすれば、信頼性解析を高め、ダントツ品質を実現するか?そのための弊社の最新の取り組み事例から、暗黙知を洗い出す若手社員づくりの教育の仕組みをご紹介します。

日  程 平成2611月14(金) 14:001630
会  場 上尾商工会議所 3F 大会議室
受講料 会員:無料 非会員:1,000円
定員 50名(申し込み先着順)
講師 大西 徹 (株)ジェムコ・コーオペレーションズ((株)ジェムコ日本経営グループ会社)取締役 知識科学研究所 所長

産経新聞社、産能大学スタッフを経て、平成元年1月に ()ジェムコ日本経営入社。製造業を中心に200社の改善プロジェクトにて現場改革に関わる。2006年より、人材育成のプログラム開発責任者として従事。ゆとり世代へのマネジメント、シニア世代の高度活用、技能伝承のための教える力、学ぶ力の教育、仕組みづくりなどを実施。特に心理学、行動科学を融合し、「カベ」を超える独自のコーチングに定評あり。51回能率大会で全連賞受賞。共著に「イノベーションマーケティング」(福村出版)

申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください。

申込書はこちらよりダウンロードしてください⇒http://www.ageocci.or.jp/sb/log/eid1452.html

主催 上尾商工会議所 中小企業相談所
協力 五大工業株式会社
申込
問い合わせ先
上尾商工会議所 中小企業相談所
上尾市二ツ宮750
(TEL)048-773-3111 (FAX)048-775-9090
カリキュラム  

1.なぜ技術、技能の伝承ができないか

1)技術、技能は言葉で説明できない

2)短期記憶から長期記憶に変わる

3)本当の重要なコツが省略されてしまう手順書、技術標準書

4) 暗黙知整理の教育の不足 

2 技術、技能の伝承の仕組み

1)暗黙知(長期記憶)の引き出し方2

)暗黙知を鵜呑みにせず再評価

3)業務プロセスの仮説立案力育成

4)スマートデバイスの活用による技能伝承の活動の進化

 

平成26年11月6日(木)開催 「シニア世代を生かす」人材開発とは!

 

現場でお会いした非常に力を持っておられるシニア世代の方々が、年下の上司とのコミュニケーションで苦労したり、自分が組織において果たすべき役割が見えなくなったりされています。シニアの方の強みを本人、上司、組織が認識し、その強みいかす場を職場につくることができているでしょうか?現場改革をする時、シニア人材の経験を生かすか、無視するか・・成功の分かれ目でした。

製造、開発の現場では特にシニア層の役割が重要です。人材育成活動、組織での役割設計、シニアの方を戦力化するための人材開発の実践事例をご紹介します。

 

日  程 平成2611月6(水) 14:001630
会  場 久喜菖蒲管理センター2F(久喜市河原井町19番地)
受講料 無料
定員 40名
講師 大西 徹 (株)ジェムコ・コーオペレーションズ((株)ジェムコ日本経営グループ会社)取締役 知識科学研究所 所長

産経新聞社、産能大学スタッフを経て、平成元年1月に ()ジェムコ日本経営入社。製造業を中心に200社の改善プロジェクトにて現場改革に関わる。2006年より、人材育成のプログラム開発責任者として従事。ゆとり世代へのマネジメント、シニア世代の高度活用、技能伝承のための教える力、学ぶ力の教育、仕組みづくりなどを実施。特に心理学、行動科学を融合し、「カベ」を超える独自のコーチングに定評あり。51回能率大会で全連賞受賞。共著に「イノベーションマーケティング」(福村出版)

 

申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください
主催 五大工業株式会社
後援 ㈱久喜菖蒲工業団地管理センター
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社
久喜市河原井町19番地 TEL0480-21-3811 FAX0480-21-3685
カリキュラム 1 65歳定年制時代のシニア人材の課題1)モチベーションが低下している方々2)年上の部下への上司の対応3)若手のコミュニケーションギャップ4)役割が設定できない現場5)人材アセットとしての人材開発の方針の各社の迷い 2 シニアは銀の卵~第2のスタートへ

1)役職定年者と組織とのマッチング例

2)シニア社員こそ、大志をいだく

3)自分を見つめなすための場づくり

4)銀の卵、シニア社員の高度活用例

「どうする!?我が社の女性活躍」ワークショップ

女性の管理職登用や職域の拡大、働き方の見直しのための取組が、企業の利益につながることが実証されてきています。

このワークショップは、女性活躍推進に関するそれぞれのテーマについて、ワールドカフェ&OST(オープン・スペース・テクノロジー)形式で参加者同士が自由に意見交換できる場です。

他社の女性活躍推進リーダーと率直な意見交換をし、新たな視点や発見を得ることにより、自社の女性活躍推進の加速に繋がります。県内企業の経営者、管理職の皆様、ぜひご参加ください!

日  程 平成26年10月22日(水)、11月19日(水)、平成27年1月26日(月) (各回 午後1時~午後4時)
会  場 大宮ソニックシティ ※公共交通機関をご利用下さい
受講料 無料
定員 各回限定50名(先着順)
ファシリテーター

i-project代表

株式会社フリー・エージェント・ネットワーク

  取締役 大西 素子

株式会社フリー・エージェント・ネットワーク

  取締役 中村 香織

申込締切 各ワークショップ日の7日前までにお申し込み下さい。
申込方法 申込書にてFAXにてお申込みください。【FAX】048・662・6610

※先着順になります。定員になり次第、締め切らせていただきます。

主催 埼玉県ウーマノミクス課
後援 埼玉県商工会議所連合会、埼玉県商工会連合会、埼玉県中小企業団体中央会、埼玉県経営者協会、埼玉経済同友会、埼玉中小企業家同友会、埼玉県産業振興公社
企画・運営 埼玉新聞社・五大工業株式会社 
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社 幸手オフィス
幸手市東4-5-4関口ビル
TEL0480-40-3221 FAX0480-40-3228
内容 詳しくはコチラから↓埼玉新聞社申し込みサイト:http://www.saitama-np.co.jp/kijikokoku/womenseminor/

平成26年10月22日(水) 【第1回】「女性が活躍しやすい職場環境作りとは」
平成26年11月19日(水) 【第2回】「今求められる、男性管理職の意識改革とは」
平成27年1月26日(月)  【第3回】「女性が活躍しやすい制度(産休・時短勤務)、施策作りとは」

平成26年10月15日(木)開催 「シニア世代を生かす」人材開発とは!

 

現場でお会いした非常に力を持っておられるシニア世代の方々が、年下の上司とのコミュニケーションで苦労したり、自分が組織において果たすべき役割が見えなくなったりされています。シニアの方の強みを本人、上司、組織が認識し、その強みいかす場を職場につくることができているでしょうか?現場改革をする時、シニア人材の経験を生かすか、無視するか・・成功の分かれ目でした。

製造、開発の現場では特にシニア層の役割が重要です。人材育成活動、組織での役割設計、シニアの方を戦力化するための人材開発の実践事例をご紹介します。

 

日  程 平成2610月15(水) 13:00~15:30
会  場 五霞町商工会 多目的センター
受講料 無料
定員 40名
講師 大西 徹 (株)ジェムコ・コーオペレーションズ((株)ジェムコ日本経営グループ会社)取締役 知識科学研究所 所長

産経新聞社、産能大学スタッフを経て、平成元年1月に ()ジェムコ日本経営入社。製造業を中心に200社の改善プロジェクトにて現場改革に関わる。2006年より、人材育成のプログラム開発責任者として従事。ゆとり世代へのマネジメント、シニア世代の高度活用、技能伝承のための教える力、学ぶ力の教育、仕組みづくりなどを実施。特に心理学、行動科学を融合し、「カベ」を超える独自のコーチングに定評あり。51回能率大会で全連賞受賞。共著に「イノベーションマーケティング」(福村出版)

 

申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください
主催 五大工業株式会社 幸手オフィス
後援 有限責任一般社団法人五霞工業クラブ
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社 幸手オフィス
幸手市東4-5-4関口ビル
TEL0480-40-3221 FAX0480-40-3228
カリキュラム 1 65歳定年制時代のシニア人材の課題1)モチベーションが低下している方々2)年上の部下への上司の対応3)若手のコミュニケーションギャップ4)役割が設定できない現場

5)人材アセットとしての人材開発の方針の各社の迷い 

2 シニアは銀の卵~第2のスタートへ

1)役職定年者と組織とのマッチング例

2)シニア社員こそ、大志をいだく

3)自分を見つめなすための場づくり

4)銀の卵、シニア社員の高度活用例

平成26年10月16日(木)開催 体験型労働災害防止セミナー

 

生産現場では、設備による労働災害が頻発しており、製造業の死傷災害全体の36%が機械設備による災害が占めています。また、災害が発生してない職場であっても潜在的な危険性や有害性は存在しており、これが放置されると労働災害が発生する可能性があります。本セミナーでは職場の潜在している危険性又は有害性を見つけだし、これを低減することを目的に「考え方、手法」を学びます。

 

「危険体感コーナー」では“機械による挟まれ”、“巻き込まれ”を体感し設備の怖さを意識の中に植え付けることで、製造現場での労働災害防止を目的とした教育訓練を行います。

日  程 平成2610月16(木) 13:30~17:30
会  場 ボッシュ株式会社 むさし工場(滑川町月輪1464-4)
受講料 5400円(税込)/人
定員 30名
講師 小野 康則氏

「中央労働災害防止協会」主催RST講座(職長等教育講師養成講座)修了

(RST講座とは…労働安全衛生法第60条に安全衛生教育の実施が定められています。厚生労働省の基発第0512004号通達によるカリキュラムに則った、製造業などにおける災害防止を図るための職長教育を行う講師養成講座です)

申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社
企業研修事業部久喜菖蒲工業団地管理センター内
TEL0480-21-3811 FAX0480-21-3685
カリキュラム  

・オリエンテーション

・リスクアセスメントとは何か?

・リスクアセスメントとOHSAS18001の関係

・安全とは何か?

・従来型安全活動とリスクアセスメントの比較

・11の危険源とは?

・リスクアセスメントの実施手順

・リスクの点数評価のやり方

・リスクアセスメントの事例研究

・危険体感による安全教育

リスクアセスメント実習

・まとめ

 

平成26年9月2日(火)開催 飲酒トラブルの危機管理「適正飲酒講座」

経営者層、総務ご担当者様、現場の管理監督者様≪無料セミナーのご案内≫

成人を迎えてから多くの方が嗜むアルコールですが、健康への悪影響だけでなく、『社会モラル的』、強いては会社へ与える損害までも見受けられる事もしばしばです。ここで一からアルコールの作用を理解して頂き、正しく付き合う事で円滑な社会生活を育み『職場での潤滑油』として役立てて頂ければ幸いです。
適正飲酒は一人ひとりが正しくできることが重要です。飲酒についての正しい知識、『飲酒をする際のマナー』について学び、『飲酒トラブルを起こさないための意識』を持つことを目的に開催します。

今回は、アルコールに対する自己体質の理解と未然防止の為、参加頂いた方に以下のテストを無料で実施致します。

・アルコールパッチテスト・飲酒習慣スクリー二ングテスト

セミナー参加者へのプレゼントもあります!

日  程 平成2692(火) 17:301830
会  場 豊野コミュニティセンター2F
受講料 無料
定員 30名
講師 キリンビールマーケティング株式会社埼玉支社 営業部副部長 伊藤 宏昭氏
申込締切 定員になり次第締め切らせて頂きます。
まずはお気軽にお問い合わせください
申込方法 申込書にてFAXまたはメールにてお申込みください
共催 キリンビ―ルマーケティング㈱埼玉支社、キリンビバレッジ㈱埼玉支店
後援 加須・大利根工業団地協議会、豊野台テクノタウン工業団地協議会
申込
問い合わせ先
五大工業株式会社
企業研修事業部久喜菖蒲工業団地管理センター内
TEL0480-21-3811 FAX0480-21-3685
カリキュラム 【第1部】飲酒トラブルの危機管理

①アルコールに酔うメカニズム

②お酒を飲むときの注意点

③不適切な飲酒の防ぎ方

④適正な飲酒について

【第2部】職場の潤滑油

①社内コミュ二ケーションツール

②お酒を活かした健康づくり

年別一覧

  • 今後の開催予定を見る
  • 過去開催分を見る
  • 参加者の感想を見る

ページトップへ